Koko's New House Project

2020年、住友林業で38坪、総2階の家を建てることになった30代ワーママ、Kokoの家づくりの記録

我が家の床材!住友林業なのに1階の床を全てタイルに!

どうも、住友林業で建てるのに、1階の床を全部タイルに変えることになったKokoです。

私の当初の希望はキッチンとダイニングの床をタイルにしたい!でした。

ただ、我が家のような決して広くはない20畳のLDKで床の種類を2種類使ってしまうと、部屋が狭く見えたり、見栄えも正直あまりよろしくない。というわけで、設計士さんから、『1階の床、全部タイルでいきませんか』と心強い後押しを頂きました。

 

そして、紹介頂いたタイルがまさにドンピシャで好み。夫も大のお気に入りに。

f:id:koquito:20200826161351j:plain
f:id:koquito:20200826161354j:plain
平田タイルのBeren(ベレン)

実はこのベレン。キッチンとダイニングの床を検討する際にSNSで見つけて気になっていた名古屋モザイクのアーバンネイチャーに瓜二つだということがサンプル請求してみて分かりました!(色みは他にも種類があるのでもっと近い色を見つけられそうな気がします)

 

f:id:koquito:20200826164555j:plain
f:id:koquito:20200826164551j:plain
左が平田タイルのベレン、右が名古屋モザイクのアーバンネイチャー

どうですか?石の表情がとっても似てませんか?なぜこんなにテンションが上がっているのかというと、アーバンネイチャーの価格は14,800円/㎡、ベレンの価格は6,800円/㎡。値段を見てすぐに諦めたアーバンネイチャーのタイルの雰囲気が半額以下で採用できるではありませんか。しかも設計士さん曰くクオリティも高いとのこと。

といっても、キッチンとダイニングだけの予定だったタイルが、結局1階全体になっているので、金額は上がってるんですけどね(笑)。でも、ベレンでなければその選択はできませんでした。本当にラッキー。

 

一点、アーバンネイチャーとベレンの大きな違いは、肌触りでしょうか。アーバンネイチャーは表面がスムースです。かといってツルツルでもないからちょうどいい感じ。

ベレンは少しザラザラしていて、靴下をはいてタイルに乗ってみると、滑り止めがついているような感覚になります。この質感がどうなんだろうと最初は思いましたが、タイルが濡れても滑りにくいということで、小さい子供がいる我が家はポジティブに捉えました!

 

名古屋モザイクのサンプルの感想はインスタにも載せてますので、気になる方がいれば見てみてください。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

住友林業で建てるのに、夫の強い希望と設計士さんの心強い後押しがあり、1階の床を全てタイルにすることに決まりそうです。住友林業のウッド感は今のところ天井のみ😂 価格とクオリティのバランス的に、本命は平田タイルですが、名古屋モザイクも素敵なタイルがたくさんあり、サンプルを取り寄せてみました。 カヴァダオスタ(上段左)一番ざらざらしていて表情豊か。分かりにくいですが、ラメが入っていてキラキラしてます。 アーバンネイチャー(上段中央)も色ムラが好み。カヴァダオスタよりもざらざらしてなくて裸足が気持ち良さそう。 セメンティングORG-7830(下段左下)の色味も少し赤みがあっていい感じです。表面はざらつきが少ないように見えてマットな質感で少し肌に張り付く感じ。 実物はやはり写真では分からない発見がありますね。 #住友林業 #すみりん #タイル床 #名古屋モザイク #カヴァダオスタ #アーバンネイチャー #オキシドフロアー #セメンティング #マイホーム記録 #マイホーム計画 #マイホーム計画中の人と繋がりたい #リビングタイル

住友林業 Kokoのお家づくりプロジェクト(@koquito3)がシェアした投稿 -

 

ちなみに2階は全て、突板のオニグルミで決定。ICさんに紹介頂き、夫が気に入りました。何と言っても名前がかわいい(笑)。

最初は、2階の廊下から主寝室はオニグルミ、子供部屋はピュアオークホワイトにしようと思っていましたが、木質フローリングを切り替える境目が微妙かもと思いだし、しかも女の子だからって白っぽいフローリングが好きになるとは限らないなと思い直し、統一感も重視して全てオニグルミにしました。

 

f:id:koquito:20200901154852j:plain

結局、2階の木質フローリングは左側の突板オニグルミのみ

 

ここに来て、どんどん仕様が決まってきてとっても嬉しい。。

あともう少し、頑張ります。