Koko's New House Project

2020年、住友林業で38坪、総2階の家を建てることになった30代ワーママ、Kokoの家づくりの記録

キッチンハウス×住友林業② オプションは高いの!?我が家のオプション金額も発表!

※2020.8.13 標準水栓とダイニング収納の情報に誤りがありましたので、修正しました。

こんにちは、Kokoです!

 

前回は「住友林業×kitchenhouse(キッチンハウス)」コラボの標準仕様についておさらいしました。

 

今回は気になるオプションについてもチェックしていきましょう!

 

ちなみに、こちらのオプション金額は2020年7月現在のものです。不定期に価格の改訂や設備の更新があり得ますので、よし真剣に検討するぞ!と決まった場合は、カタログやショールームで必ず最新の金額、設備を確認してくださいね!

 

 

 

素材

フェニックス(新素材)

実物を見て、手で触れて、めちゃくちゃ感動した新素材フェニックス。佇まいがただただかっこいい。実物は写真よりも圧倒的に素敵で、実際に見てから夫のお気に入りです。しかし、、キッチン全体(ワークトップと扉)を変更するのに、さ、31万円・・・。

 

私『それならエバルトでいいかな。エバルトも気に入ってるカラーけっこうあるし』

夫『かっこいいから追加で払うだけの価値はあると思うよ』

 

う~ん、なんか揉めそうな予感しかしない(笑)

f:id:koquito:20200713001759j:plain

〈公式サイトより〉

オプション:
ワークトップ変更(エバルト→フェニックス)90,000円
扉変更(エバルト→フェニックス)220,000円
カップボードの素材変更もオプションで可

 

 

ダイニングテーブル

家具専門店で購入するにしても、造作で作ってもらうにしても、それなりに費用がかかるダイニングテーブル。意外となかなか気に入るものがなかったり、キッチンと合う物を探すのが難しかったりしますよね。同じキッチンメーカーで揃えられるのは、素材の質感や色味も完全に一緒なので、LDKの統一感が格段に上がります

デザインは、固定連結型ですっきりさせるもよし、独立型テーブルでフレキシブルに動かせるのもよし、これは好みの問題ですね。我が家も迷ってます。

 

固定連結型テーブル
f:id:koquito:20200717155018j:plain
f:id:koquito:20200717155031j:plain
〈公式カタログより〉(左)ストレート固定連結型 (右)切り欠き固定連結型
独立型テーブル
f:id:koquito:20200717155325j:plain
f:id:koquito:20200813150119j:plain
f:id:koquito:20200717155249j:plain
〈公式カタログより〉(左)メタルレッグ (中央)アーチレッグ (右)センターレッグ

 

オプション:
固定連結型テーブル 140,000円
独立型テーブル(脚はメタル、アーチ、センターレッグと選択可)140,000円

 

   

カップボード

前回の記事でも書きましたが、我が家は標準仕様のW1850 から拡張するか絶賛検討中!キッチン裏の壁面が長いカップボードって憧れなんですよね~。あと、何度もしつこいですが、デュエの場合はカップボードの隣にコンロ部分のキッチンが付きますからね!(この標準仕様のカップボードにコンロ部分がのっているわけではないですよ!私は勘違いしました)

f:id:koquito:20200714143209j:plain

〈公式カタログより〉我が家はワークスペースが広く欲しい派なので、フルセパレートかハーフトールで検討中。ちなみに標準仕様だとゴミ箱の幅狭いですね。通常のものが2つは入らない予感。

標準仕様:W1850
オプション:W2150 40,000円
      W2450 80,000円
      W2600 100,000円
      W2750 120,000円 

 

 

 

追加収納

カウンター前面に収納を付けたり、手元が見えない収納を作ることも可能です。リビングやダイニング周辺って何かと細々した小物が散乱するので、それらを収納したり、もしくはお気に入りのワイングラスを収納するのもいいですね!

f:id:koquito:20200717155614j:plain
f:id:koquito:20200717155627j:plain
〈公式カタログより〉(左)ダイニング収納 (右)手元隠し収納

オプション:
ダイニング収納 120,000円
手元隠し収納 200,000円

 

加熱機器

コンロ
f:id:koquito:20200710235208j:plain
f:id:koquito:20200714164333j:plain
(左)リンナイ製のスタンダードモデル (右)遠くて少し分かりにくいですが、ハーマン製。気持ちスタイリッシュな気がしますね。
標準仕様:リンナイ製
オプション:
ハーマン製 機能充実モデル 51,000円
リンナイ製 アプリ連動モデル 255,000円
 

 

IHクッキングヒーター
f:id:koquito:20200717165827j:plain
f:id:koquito:20200717165836j:plain
f:id:koquito:20200717165845j:plain
(左)標準仕様の日立製 (中央)パナソニック製 (右)アリアフィーナ製

標準仕様:日立製 2口IH・1口ラジエントモデル
オプション:
日立製 3口IH・オーブン機能付モデル 150,000円
パナソニック製 3口IHモデル 170,000円
アリアフィーナ製 3口IH・グリルレスモデル 175,000円

 

 

レンジフード

レンジフードってリビングダイニングで意外と存在感が出るものですよね。本当は我が家はすっきりシャープなアリアフィーナの機能充実モデルにとても惹かれているんですが(あと、おしゃれなお宅に必ずあるイメージ)、標準仕様でもブラックが選べる!ということが分かったので、ここは歯を食いしばってコストカットに努めます(涙)

f:id:koquito:20200717154410j:plain
f:id:koquito:20200717154435j:plain
f:id:koquito:20200710235148j:plain
(左)標準仕様のアリアフィーナ製スタンダードモデル (中央)ヴィンテージモデル (右)すっきりした印象の機能充実モデル

標準仕様:アリアフィーナ製 [アリエッタシリーズ]スタンダードモデル
オプション:

アリアフィーナ製[アリエッタシリーズ]ヴィンテージテイストモデル 60,000円
FUJIOH製 同時給排モデル 90,000円
アリアフィーナ製 機能充実モデル 120,000円

 

 

 

食器洗い機

食器洗い機はフロントオープン型に憧れる私。食洗器はミーレ一択!と思っていましたが、Panasonicの深型もなかなか人気があるんだそう。

 

担当の営業さん曰く、ミーレとPanasonicのメリット・デメリットは

 ミーレ 
  • 予洗い不要!洗浄力が強い!
  • フロントオープンタイプなので食器の出し入れしやすい
  • しかしフロントオープンタイプは『少し開ける』ことが出来ず、通路の邪魔になる
  • 乾燥機能がないので、翌朝お皿を拭く作業があったりする
 Panasonic 深型 
  • 引き出しタイプなので、少し開けて作業することが出来る
  • 乾燥機能がついているので、すぐに食器棚に仕舞える
  • しかし予洗い必要!洗浄力はミーレより弱い

 

まとめると、ミーレは食器洗いの『前が楽』『後が少し手間』、Panasonic深型は『前がまぁまぁ手間』『後が楽』ということでいいですよね?(←ほんと笑?)

確かに乾燥機能には後ろ髪を引かれる思いですが、我が家はお皿を拭く作業の方が断然ストレスがないで、やっぱりミーレは揺らぎませんでした。食洗器をかけた後、ドアを開けておくと翌朝までに乾くという意見もよく目にしますしね!ただ、ファミリーの場合60cmの方が使いやすいと聞きますが、我が家はスペース的にも予算的にも60cmは断念することになりそうです。

 

f:id:koquito:20200717153702j:plain
f:id:koquito:20200717153711j:plain
f:id:koquito:20200717153716j:plain

〈公式カタログより〉(左)リンナイ製の標準仕様のモデル(中央)パナソニックの深型(右)ミーレの45cm。

ちなみに、ミーレの45cm。キッチンハウスとミーレの特別な提携価格で+17万円で搭載できます(少し前まで20万強だったそう)。60cmになると通常のお値段になるので、お値段のみで考えると45cmが断然お得だそうです。

 

標準仕様:リンナイ製 スタンダードモデル or  食器洗い機なし
オプション:
パナソニック製 深型モデル 130,000円
ミーレ製(幅45cm)170,000円
ミーレ製(幅60cm)350,000円

 

 

水栓

オプションの水栓は、タッチレスが希望なら→リクシル製、タッチ式が希望なら→デルタ製、浄水器一体型なら→標準かオプションのクリンスイ製、という感じでしょうか。我が家は浄水器は絶対欲しいタイプなので、オプションのクリンスイ製グースネックモデル(カートリッジの交換は1年に1回でOK)1本でいくか、水栓をタッチレスかタッチ式にして、クリンスイ製の浄水専用水栓を追加するか迷い中です。個人的には、水栓はノーマークでしたが、意外と金額アップの対象となりますね。

f:id:koquito:20200813150952j:plain
f:id:koquito:20200813151002j:plain
f:id:koquito:20200813151011j:plain
〈公式カタログより〉(左)リクシル製タッチレスモデル (中央)クリンスイ製グースネックモデル (右)デルタ製タッチモデル

標準仕様:クリンスイ製ストレートモデル・クロム OR ハンズグローエ製スタンダードモデル・クロム
オプション:
ハンスグローエ製 スタンダードモデル・クロム(ブラック) 75,000円
リクシル製 タッチレスモデル・クロム 50,000円
クリンスイ製 グースネックモデル・クロム 70,000円
デルタ製 タッチモデル・マットブラック 140,000円
クリンスイ製 浄水専用水栓の追加 50,000円

 

 

 

シンクアクセサリー

シンクはカクカク四角いデザインがとても素敵。タイプはスクエアシンクかステンレスシンクの2種類から選べるそうです。そのシンク周りのアクセサリーがこちら。我が家はこのポケット付きにとても惹かれています。洗い場が小さくなって使いにくくなるんでしょうか・・?

f:id:koquito:20200714142912j:plain
f:id:koquito:20200714142918j:plain
(公式カタログより)

オプション:
水切りプレート 6,000円
カッティングボード 4,000円
ポケット付 ステンレスシンク 9,000円

 

 

収納アクセサリー

みなさんは、キッチンの小物の整理・収納、得意ですか?私はとても苦手です。例えば百円均一ショップやおしゃれ雑貨店で仕切り等を買ってきて『おしゃれに収納する』なんてことが、今まで出来た試しがありません。それに対して、正規品の収納アクセサリーは、少しお高いですが、全てが(当たり前ですが)ピタっとシンデレラフィットしてくれるので、毎日気分よく使えると思います。我が家はきっとこの辺りのアクセサリーいくつか買っちゃう派ですが、担当営業さん曰くKEYUKA等のショップで調達される方も多いのだとか。

f:id:koquito:20200714142901j:plain

〈公式カタログより〉ノンスリップマットは金額一律で、どのタイプのカップボードを選んでも全ての引き出しに設置してもらえるようです。

 

標準アクセサリー:包丁差し、キッチン用仕切り1列+ノンスリップマット
オプション:
調理器具 浅引き出し用 15,000円
調理器具 深引き出し用 20,000円
ストック素材 引き出し用(1)14,000円
ストック素材 引き出し用(2)8,000円
カトラリー 引き出し用 4,000円
ノンスリップマット(キッチン用)25,000円(カップボード用)25,000円

 

 

トップメタルフレーム

見せる収納が苦手な私は絶対に採用できませんが、これは是非採用されたおしゃれさんのお家に遊びに行きたい!少しマニッシュな雰囲気でガジェット感があるので、男性でお料理大好きな方とかにはとてもはまりそうな仕様です。

f:id:koquito:20200710235201j:plain

オプション:
フレーム本体+基本パーツ6点で 150,000円
その他、基本パーツ以外の別売りオプションあり

 

 

コンセント追加

今回、ショールームで何気なくキッチンの側面についているコンセントを見て、おぉ、JIMBO NKシリーズ!と声が出てしまったコンセントです。オプション2,000円ですが、個人的には嬉しいポイント。キッチンハウスを採用されるお家ってやはりデザインにこだわっている方が多い印象がありますので、JIMBO NKシリーズを採用される方も多そう!ということで◎!

※後日談ですが、打合せでLDK等の主要な箇所だけJIMBOにしたいとお伝えしたところ(以前話を聞いていた設計事務所さんでは可能だった為)、住友林業の場合は、『全部をJIMBOに変更する』しか対応できないそうです。その額、オプションで数十万円とのこと。なので、我が家は泣く泣くPanasonicのアドバンスシリーズ(差額数万円)にすることになりました。(Panasonicさんに対してめっちゃ失礼ですが、アドバンスシリーズもよく見たら薄くてとても可愛いので結果オーライでした)支社によって違うかもしれませんが、JIMBOを検討している方はご注意下さい。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

住友林業 Kokoのお家づくりプロジェクト(@koquito3)がシェアした投稿 -

 

オプション:
JIMBO製2口(ホワイト・ブラック・グレー)2,000円

 

 

LED照明

LED照明はカップボードがフロートタイプかハーフトールタイプで追加可能だそうです。(ワークスペースがあるかどうかってことですね。フルトールタイプだと、一面収納なので、LEDつける必要も付ける場所もないので)

f:id:koquito:20200714145201j:plain

キッチンハウスショールームで見たものにLED照明ついていました。確かに手元が明るくなって作業しやすいですね。

オプション:
カップボード側 65,000円

 

 

と、いうわけで、気になるキッチンハウスすみりん仕様のオプションと金額をおさらいしてみました!

 

それでは、我が家のオプション金額も発表しておきます!(え?もう、どうでもいい?)

 

Kokoハウスのオプション金額合計はいくらに!?

 我が家のオプション(ほぼ確定)は  
  • 食洗機 ミーレ製(45cm)170,000円
  • デルタ製 ブラック水栓 140,000円
  • クリンスイ製 浄水専用水栓 50,000円
  • コンセント追加 2,000円

 合計:362,000円

 

あと少しくらい追加してもいいかも、と検討中のもの(優先順位)

  1. ダイニング収納 120,000円
  2. ダイニングテーブル(独立型か固定連結型かは検討中)140,000円
  3. カトラリー 引出し用 4,000円
  4. ノンスリップマット キッチン用 25,000円
  5. ノンスリップマット カップボード用 25,000円
  6. カップボードサイズ変更 W1850→W2450 80,000円
  7. キッチン フェニックス(ワークトップ&扉)への変更 310,000円

 

 

最終的に我が家の場合、標準仕様150万円+オプション50万円=総額200万円ほどで着地するのでは、(とういうか絶対着地させるぞ)という印象ですね。

 

でも、これくらいの金額でミーレの食洗機を入れてキッチンハウスを新居に迎えられるというのは、かなりお得なのではないでしょうか!

 

ちなみに後日、実際に決まった我が家の仕様が気になる方はこちらの記事をどうぞ

 

 

 

是非、住友林業で迷っているという方、住友林業で契約しているけど、キッチンに迷っているという方の参考になれば嬉しいです!

 

それでは、次回はこのすみりん仕様の注意点について、チェックしてみます。