Koko's New House Project

2020年、住友林業で38坪、総2階の家を建てることになった30代ワーママ、Kokoの家づくりの記録

【構造立会い~】待望のキッチンとシーサンドコート10!

こんにちは、Kokoです!

なんだか暖かくなったり寒くなったりで、いよいよ春が来る予感を感じている今日この頃です。

今日は、我が家の構造立会いと木完立会いの直前までをレポートしていきたいと思います。いよいよ不安だらけだったキッチンが搬入され、夫待望のシーサンドコートの吹付けも完了したので、後半でそれも紹介していきます。

 

ちなみに、着工から上棟までを確認されたい方は、こちらの記事からどうぞ!

 

 

 

 

上棟~構造立会いまで

上棟してから構造立会いまでの1か月程、見学には行けませんでしたが、屋根を付けたり、防蟻剤の施工をして頂きました。

f:id:koquito:20210224164020j:plain

小屋組が完成した写真です。

 

f:id:koquito:20210224164017j:plain

このオレンジ色の塗料が防蟻剤です。塗り漏れがないように着色されているそうです。

 

 

構造立会い

そしてやってきました!構造立会い当日です。1か月振りの我が家は、なんだかより家らしくなっていました。

 

このグリーンのシート!言うの遅いですが、『きこりん降臨』してました!

 

構造立会いでやったこと

  1. 間取りの確認
  2. エアコンやコンセントの位置確認
  3. 窓のサイズや位置確認

 

構造に関しては、その後の内装等と違い、簡単には修正が効かないので、1か所ずつ、生産さんと入念にチェックしていきました。 我が家の生産さんは一級建築士の方なので、細かな気付きやアドバイスも教えて頂けて、いつもとても勉強になります。

 

2階の吹き抜け前に立ったところです。嬉しい発見だったのは、正面にマンションが建っている立地なんですが、吹き抜けの窓は視界が抜けていて空が見えていました!他のことに気を取られていて、計画中は全く気付いていませんでしたが、設計士さんの計算された窓の配置に感動!

 

計画中にここまで頭が回っていなかったものトップ3に入るんじゃないでしょうか。窓についているハンドルはこんな感じです!

 

『THE構造立会いあるある』らしいのですが、『ここの窓こんなに大きかったっけ?』と何度言ったことか(笑)。この写真の主寝室の窓も、2/3くらいの細い窓が付くものとばかり思っていましたが、意外と大きい。ただ設計図上、正しいサイズでした。

 

梁の関係でエアコンを梁の下に付けるしかないかも、という話をしている時です。我が家の場合は、細かな確認でそんなにサクサクは進みません(笑)。結局、エアコンは梁の上に付けてもらえることになりました。(梁の下だと身長180cm以上ある夫的に低すぎる位置だったので一安心)

 

そういえば、コンセントの追加や位置の微調整もこの構造立会いで頼めば、対応可能な場合もあるようで、我が家も1カ所ずっと気になっていたところにコンセントを追加して頂きました。着工合意後に気付いたので設計士さんには申し訳なくて言い出せず、でも気になっていたので、追加して頂けてとても嬉しかったです。(我が家の場合はかもしれませんが、追加費用もかかりませんでした)

 

 

最後に、寒さと頭フル回転の後でフラフラになりながら、なんとかあの手形イベントを決行!

絵具は生産さんが用意して下さっていて、手を洗うお湯も用意して頂いてました。本当に寒かったので、お湯が出てきた時は感激。ただ、ちょうどよい柱がなく、『住友林業BF』のロゴがない柱になってしまったのと、長女が先陣を切って勢いで両手で押したので、家族全員両手で押すという我が家らしいドタバタな手形イベントになりました(笑)。

 

構造立会いは、生産さんとの確認と、なぜか動画を撮りたい気分で動画ばかり撮ってしまい、静止画が全然残っていませんでしたので、よければインスタのリールでご確認下さい(笑)。※音が出ます。

 

 

 

 

キッチン取付施工日

『いよいよ今週末キッチンが設置されます』と生産さんからご連絡を頂き、ちょうど土曜日だったので見学に行くことが出来ました。

 

天井材

まず目に飛び込んできたのはこの天井材!
ニッシンイクスの不燃ボード、レッドガムナチュラル(旧:レッドガム)!
キッチンを楽しみに行きましたが、天井材も貼られていました。

想像よりも表情がかなり荒々しくて不安になり、インスタグラムの皆様におかしくないよ、とフォローして頂いた、今ではお気に入りの天井です。とにかく大自然。

 

施工途中ですが、アップだとこんな感じです。表情がはっきりしてますね。我々のようにLDKがタイル床でなく、木質フローリングだと木目どうしが喧嘩してしまう柄かもしれないですね。だから個人宅で採用している人が見つけられなかったのかも。

 

キッチン

そして、いよいよキッチン。わが家の場合は、木完立会いの前週にキッチンが搬入されました。(キッチン搬入のタイミングは、木完立会い後の方もいるので、それぞれのようです)取付の職人さんと思われる方が2人、キッチンハウス本社からいらっしゃったと思われる方が1人、合計3人で作業して頂きました。とても親切で、施工途中なのにピアノメルクリオの柄を見せて頂いたり、写真を撮らせて頂きました。

 

キッチンハウス 引き出し

キッチンハウスの引き出しの組み立てが終わり、取り付けられるのを待っているところです。今まで全く知らなかったんですが、引き出しの中ってこんなかっこいいグレーだったんですね。オニキスグレーとかなり似てました!

 

kitchenhouse kitchen

そして、こちらがだいたい取り付けられたキッチン!不安すぎたオニキスグレーもなんとかまとまってくれています(たぶん)!

 

オニキスグレー

同じ配色をされた施工例を見つけられず、ずっと不安で、夢にまで出てきたオニキスグレー×ピアノメルクリオの配色も可愛くて一安心。

 

カップボード

こちらはコンロ&カップボード側。ピアノメルクリオやっぱりなかなかいい味出してます。

 

ピアノメルクリオ

しつこいですがピアノメルクリオのアップ。やっぱり素敵。注意点としては、ピアノメルクリオは大柄で場所によって表情がかなり異なるので、施主側が意図している場所に柄が出てこないことがあります。キッチンハウスのエバルトの中ではかなり珍しい存在です。インスタグラムのピアノメルクリオ仲間さんが『一点ものとして楽しむ面材ですね』とおっしゃっていて、その通りだなと納得しました。

 

ラスティックアイロニー

こちらもカップボードのアップです。上がキッチンパネルでアイカのラスティックアイロニー、サンドベージュ、下がピアノメルクリオです。

 

そして、3時の休憩を取られている間に、再度写真を撮らせて頂きました!

kitchenhouse kitchen

コンロや把手が取り付けられてる!オニキスグレー側に今はなき(涙)ミーレ45cmが!(2021年8月頃、受注再開予定とのことですが)

 

 

カップボード

全体のバランスを見て最後に変更した把手のサテンがものすごく効いてました。ここはブラックから変更しておいてよかった!(部屋の中が暗かったので、この写真はかなり暗く映っています。)

 

キッチンの配色について気になる方は、こちらの記事でどうぞ

 

娘2人がしびれをきらして帰ろうと言い出したので、全てを見学することは出来ませんでしたが、とにかく『キッチンが思ってたんと違う!』みたいな事態にならなくて一安心した一日でした。

 

 

 

シーサンドコート10

最後に、我が家の外壁のシーサンドコート10も吹付けが完了していました!

 

シーサンドコート10

グレーのようなチャコールグレーのようなブラックのような、絶妙な色。かっこいいの一言。シーサンドコート10にしたかった夫、大満足の仕上がりでした!建物前面はムラが出る可能性を考慮して、刷毛引き仕上げにしてもらっています。

 

リブ木目軒天との相性も最高でした。ちなみに左の写真、ツートーンカラーみたいになっていますが、光の当たり方で色が違って見えているだけで、どちらもシーサンドコート10です。リブ軒天は明るめに映っていますが、ウッドミディアムです。

 

光が当たるとチャコールグレーや濃いグレージュのような色に見えることもありました。

 

 

というわけで、今回は我が家の構造立会い~キッチン取付施工日までを、まとめて紹介しました!いつも読んで頂きありがとうございます!

わが家は先日、木完立会いも終えて、少しずつ残念ポイントも発見しているので、またレポートします!それでは、みなさん、引き続きお体には気を付けて。