Koko's New House Project

2020年、住友林業で38坪、総2階の家を建てることになった30代ワーママ、Kokoの家づくりの記録

【照明探し①】ルイスポールセン

f:id:koquito:20201111001908j:plain

Photo by freestocks on Unsplash

こんにちは、Kokoです。
我が家はいよいよ本体も着工し、数カ月ぶりにゆったりした時間を過ごしています。

といっても、今度は、娘たちの保育園の転園申し込みやら、後回しにしてきた家の雑務が溜まっていてまだまだ落ち着かない日々です。

 

最近やっと、ダイニングの照明について真剣に検討しだしました!

住友林業の場合(他のHMもだと思いますが)、電気工事などに関わってくるので、本当は着工合意までに具体的な照明の種類も決まっていないといけないのですが(ダクトレールの場合は別)、私はバタバタの着工合意までに決められず、ひとまず『2灯のペンダントライトを吊るす』ということを決めて、ライトは施主支給にさせて頂きました。

 

そして、照明はちゃんとしたものを選びたいな~ということで、気になっている照明リストをExcelで作って、比較してみました。

 

f:id:koquito:20201110125622j:plain

ちなみに自分のメモ用にざっと作ったリストで、価格やサイズは間違っている可能性がありますのでご了承下さい!だいたいで見て下さい(笑)

 

 

そして、この中から最終候補に残っているのは、

  1. NEW LIGHT POTTERY  - Solraris
  2. louis poulsen  - PH4/3
  3. Fritz Hansen / Lightyears  - Suspence P2

 

 

そんなわけで、まずは会社の近くということもあり、王道ともいえるルイスポールセンのショールームに行ってみました!(実際に行ったのはかなり前ですが、最近ようやく照明選びについて本格的に動き出したので、振り返って書いてます)

 

f:id:koquito:20200925223956j:plain

六本木のおしゃれビルの中に入っているショールーム。

 

 

f:id:koquito:20200925224017j:plain

PH 3/2やPH 2/1がたくさん~!

 

f:id:koquito:20200925224022j:plain

ショールーム内のチェアはカールハンセン&サンのYチェアでした。右上の『VL45 ラジオハウス』もクラシックな雰囲気で気になる存在。

 

f:id:koquito:20200925224001j:plain

出ました。PH5とPH5 mini。私がiPhoneでささっと撮影しただけなのに、この存在感と写真映えは圧巻ですね。この色付きのPH5、お部屋に統一感を出すのが難しい気がしてましたが、もうこれを吊るすだけでお部屋が締まるんだろうなと思わせる佇まいでした。

 

f:id:koquito:20200925223938j:plain

ポール・ヘニングセンの紹介。隣にあるサンプルリング?(何て呼ぶんだろう)に惹かれる。

 

f:id:koquito:20200925224006j:plain
f:id:koquito:20200925223941j:plain
パープルとピンクがちらっと見えるの本当かわいい。

 

そして、ありました。ルイスポールセンにするなら、私が一番気になっている『PH 4/3』

f:id:koquito:20200925224010j:plain

この中央が『PH 4/3』

見切れてますが、左がPHスノーボールで、右がPH 5-4½?PH 6½-6かな?

 

我が家のキッチンハウスのテーブルは2100サイズ。こんな感じ↓で2灯吊るすの、かなり好みです。

f:id:koquito:20201110122708j:plain

CONNECTさんの公式ウェブサイトより拝借しました。存在感があるのに、空間を邪魔しない。明かりの雰囲気も好きです。

 

 我が家のダイニングテーブルのイメージ

f:id:koquito:20201110171418p:plain

雑なコラージュをしてみると、こんな感じになりますね!実際はもう少し小さいかもです。そして、キッチンのグレーはこのパースの色よりも濃い色なので、ホワイトの照明が浮かないかは心配です。


 

f:id:koquito:20200925223925j:plain
f:id:koquito:20201110120102j:plain
ウェブサイトでは見つけられませんでしたが、PH 3½-3。このつや消しのチャコールっぽい色も良き。

 

f:id:koquito:20200925223930j:plain

『PH セプティマ』佇まいも素敵ですが、お値段もかなり素敵。

 

f:id:koquito:20200925223953j:plain

AJ テーブルがたくさん〜

 

 

f:id:koquito:20200925224013j:plain

最後に、ショールームの窓越の照明たち。後ろ髪を引かれる思いでショールームを後にしました。

 

 

やはり、王道なだけあって、もはやオーラを感じるルイスポールセンの照明たち。

 

PH4/3のポイントをまとめておくと、

  • 直径 400mm
  • 価格 73,700円
  • タイムレスな飽きのこないデザイン
  • 多灯使いに向いている(と思う)
  • ホワイトが我が家のLDKには浮かないか心配

 

と、いうわけで、今日は個人的な有力候補3つのうちルイスポールセンの照明について振り返ってみました!

次回は、あと2つの実物を見てみたいと思います!