Koko's New House Project

2020年、住友林業で38坪、総2階の家を建てることになった30代ワーママ、Kokoの家づくりの記録

【ダイニングチェア探し】スタンダードチェア、CH33、N01

こんにちは、Kokoです!

今日は、ハウスメーカーへの締め切りがないのでなかなか決める気がない我が家のダイニングチェア探しについてです。(ただ納品に数ヶ月かかる場合が多く、本当は今すぐにでも決めるべき笑)

 

我が家のダイニングテーブルは、キッチンハウスのカップボードに合わせて、キッチンハウスのオークナチュラル色のテーブルに決まっています。なので、チェアをテーブルに合わせてにいく必要があります。

キッチンのイメージパース

なんどか登場していますが、イメージパースではこんな感じです。



まず、私が候補としたチェアのリストはこちら。照明のリスト同様、Excelでさっと作った資料になりますので、金額や詳細の若干の間違いはお許し下さい。

List of dining chairs

2021年1月に調べた情報です。価格に関しては、税込みと税抜きが混在してるかもしれません。

 

その中で、ピンときた候補を中心にショップに行ってきましたので、見ていきたいと思います!(実際にショップに行ったのは昨年12月です)

 


照明もチェックしたい方はこちらもどうぞ

 

 

 

 

 

Vitra:スタンダードチェア

フラッグシップストアへ

まずは、我らが担当設計士さんにおすすめされた、Vitraのスタンダードチェアを見に、Artek Tokyoの直営店へ!

インテリアショップ ショールーム

Artek Tokyoの直営店にやってきました!2019年4月にオープンした日本初の直営店らしいです。最寄りは表参道駅です。

 

たくさんのチェアの展示

地下の展示スペース。チェアが壁一面に。きっとチェア好きには堪らない空間ですね。

 

Vitraスタンダードチェア

こちらがVitraのスタンダードチェア。私たちが検討しているナチュラルオークとディープブラックのカラーの展示がありました!


スタンダードチェアは、名前の通りスタンダードで無駄がなく、オーソドックスなデザインなんですが、醸し出すタイムレスな存在感。我らが設計士さんがお勧めなのはとっても納得でした。

 

Vitraスタンダードチェア&テーブル
Vitraスタンダードチェア前
このセットのテーブル、脚が同じデザインですごく素敵。キッチンハウスのテーブルにせずに、ダイニングセットを購入する手もあったなーと少し後悔。ただ、キッチンハウスのテーブル2100サイズで14万くらいなのでお値段がとても魅力的なんですよね。

 

アスラックチェア
アスラックチェア後
アスラックチェア横
リストに載せていたアスラックチェアの展示もありました。我が家はブラックを検討していましたが、こちらはグリーンラッカー。後ろ姿と、横から見た前のめりな感じ、すごく好きです。

 

ドムスチェア
Artek ドムスチェア
Artek ドムスチェア
ドムスチェアのシープスキンの展示もありました。ドムスチェアも革小物のような後ろ姿のデザイン可愛いですよね。ただ、シープスキンは最高に可愛いけど、外せるものではないらしいので、汚れを気にしてあまり使えなさそうではある笑。



スタンダードチェアとっても魅力的だったんですが、我が家のテーブルは72cm、スタンダードチェアは46.5cmと座面高が高いんです。座面は43〜44cmで行きたいので、残念ですが、候補からは外れそうです。 

 

 

Carl Hansen & Son:CH33

フラッグシップストアへ

カールハンセン&サン フラッグシップストア

やってきました!カールハンセン&サン!私は表参道から歩きましたが最寄りは外苑前駅です。ちょっと歩きます。

 

カールハンセン&サン ショールーム内

2Fの展示スペース。行ったのが、2020年12月末なのでもう変わっているかもですが、素敵空間がすぎました。



カールハンセン&サン CH33

そしてこちらが、候補の1つ、CH33。後ろ姿、美しすぎます。

 

カールハンセン&サン CH33
カールハンセン&サン CH33
横から見ても後ろから見ても、この存在感。この小鹿のような脚に惹かれる。(例え合ってる笑?)

 

このパッド付きは座面高46cmの為、我が家は座面高44cmになるパッド無しタイプを検討中。デザイン的にもパッド無しタイプの方がシュッとしていて好みです。

 

ちなみにこちからがパッド無しタイプ。明らかにシャープな印象ですね。

CH33 オーク
CH33 オーク ブラック
〈公式サイトより〉(左)CH33オーク材・ホワイトオイル仕上げ/(右)CH33オーク材・黒塗装



CH33は黒が気になっていたのですが、展示がなかったので、スタッフさんがサンプルを出してきて下さいました。

CH33 ブラックサンプル比べ

左がビーチ材で右がオーク材。ビーチ材はスムースな表面で、オーク材の方が凸凹が出ます。金額はオーク材の方が10,000円くらい高くなるそうです。

 

CH33ブラックを用いた施工例

ブラックのイメージでカタログも見せて頂きました。我が家もブラックのペンダントライトが候補なので、とてもイメージが湧きました!

 

Yチェアを選ばなかった理由

カールハンセンといえば、王道のYチェアがとても有名ですよね。70周年のYチェアとかとってもかわいかったしお値段も(Yチェアにしては)お手頃だったのに選ばなかったのは、ずばり我が家はダイニングが狭いからです(笑)。ご存知の方も多いと思いますが、Yチェアはそのデザインの特徴でもある肘掛部分(これが可愛いんですが)がテーブルに当たるので、テーブルの下に収めることが出来ません。ちょっとしたことなんですが、ダイニングが狭い我が家はテーブル下に収納できることが地味に重要でした。

 

Yチェアグレー

70周年限定Yチェア(2021年以降も限定価格では無いですが販売続行するらしいですね)
マットグレーは写真で見るとかなり黒っぽく見えますが実物はちゃんとグレーでした。(語彙力)

 

シェルチェア 
シェルチェア前
シェルチェア横

いつかはお迎えしたい憧れのシェルチェアもありました。曲線が美しいです。

 

 

キッズチェア
カールハンセン&サン キッズチェア
カールハンセン&サン キッズチェア
キッズチェアの存在感も圧倒的。お値段も素敵な価格。

 
 

 

Fritz Hansen:N01

最後は、私が一番気になっているフリッツハンセンのN01(エヌゼロワン)を見に行ってきまきた!

私、なぜか気になるデザインはいつもフリッツハンセン。ペンダントライトもフリッツハンセンのSuspence P2で悩み中。フリッツハンセンが異様に好みみたいです(笑)。

 

前回、ペンダントライトを見に来た時はアルネ・ヤコブセンの企画展をやっていて、N01が展示されていなかったので、再度展示が再開されると連絡を頂いて、2度目のフラッグシップストアに行ってきました!(フリッツハンセンさんは連絡がきめ細やかで、2021年1月に価格改訂があることもわざわざ事前に電話連絡をして下さり、特に好感度が高いカスタマーサポートでした。)

 

フラッグシップストアへ

Fritz Hansen フラッグシップストア

来ました!表参道の駅近くにあるフリッツハンセンのフラッグシップストア。写真は一回目に来た時のものです。

 

 

やっと会えた!N01!NENDOの佐藤オオキさんデザインで、曲線が芸術的!日本の繊細さすら感じる。(語彙力なさすぎて感動をちゃんと伝えられない笑)

フリッツハンセン N01チェア
フリッツハンセン N01チェア
座面高は44cmと46cmの2タイプから選べます。こちらの写真のチェアは44cm。我が家は確実に44cmを選択。


  

フリッツハンセン N01チェア

しかも、44cmのタイプは、我が家のキッチンハウスのテーブルと同じ72cmのテーブルと合わせると、芸術的な一直線に。計算され尽くしていますね。そして、検討中のSuspence P2もやっぱり可愛い。

 

 

横から見た写真。テーブルの下にすっぽり収まるのもポイント高いです。我が家のダイニングは狭いので、やはり椅子がテーブルに収まるの大事。

 

そして、ずっと悩んでいるカラーについてスタッフさんに相談してみました。個人的にN01はビーチ材かオーク材の雰囲気が好き。ただビーチ材は我が家の雰囲気には合わないことが分かっているので、オーク材一択かな、と思ってました。

 

しかし、スケルトン階段も窓枠もブラックなことをお話すると、スタッフさんからは、

『ブラックは一番暗くて濃い色なので、同じ空間でリピートした方がいい。むしろリピートしない方が不自然です』

 との、名言を頂き、ブラックをお勧めされました。

 

今まで、なんとなく感覚で、黒を入れた方がいいのかなーなんて思って、なんとなく黒のチェアも見てきてましたが、なぜそうなのかはあまりよくわかっておらず、なるほどーっと、とっても腹に落ちました。

 

 

そして、もう1つ、黒にした方がいいのかな、と感じた理由があります。

 

本物の木の存在感は格別

今回他のショールームでも感じましたが、本物の木の手触り、存在感はやっぱり違いました。いくらキッチンハウスの面材が精巧な木目柄といっても、本物と並べるとやはり違う。

 

キッチンハウスとフリッツハンセンのサンプル

(左)キッチンハウス、オークナチュラル (右)N01、オーク
同じオークと名前が付いていますが、キッチンハウスの方はホワイトウォッシュっぽいです。

 

キッチンハウスとフリッツハンセンのサンプル

(左)キッチンハウス、オークナチュラル(右)N01、ビーチ

写真で見るとやっぱりキッチンハウスの面材も完全に『木』ですね!ただ実物は、本物の木と並べると質感が違うことが分かります。(といっても、家づくりをしていない方には気づかれないレベルではある!)

 

前も書いたことがある気がしますが、私、『同じような色みだけど、若干違う色』がすごく気になるタイプの人間なんです(笑)。

なので、質感もさることながら、このちょっと色が違う木目が後々気になってきそうで、ガラっと色を変える為にブラックが最有力候補かなと今は思ってます。

ただ、ペンダントライトでブラックを取り入れる予定ではあるので、少し色みが違っても、気に入っているオークのチェアにするのもアリなのでは、ともまだ思ってますけどね(笑)。

 

最後に、Vitraのショップでも同じことを感じましたが、テーブルとチェアを完全に統一させたい場合は、テーブルはキッチンハウスで選ばず、チェアとセットで選んだ方がいいな~、と感じました。ただ、キッチンハウスのテーブル、キッチンと統一できておしゃれだし、2100サイズまで選べて、本当リーズナブルなので(本日2回目)結局、正解は分かりません(笑)。

 

 

 本日のなんとなくのまとめ 
  1. スタンダードチェアは座面高46.5cm
  2. CH33はパッドなしだと座面高44cm
  3. N01は座面高44cmと46cmの2パターン
  4. デザインだけでなく、テーブルに収まるか等のポイントもチェック!
  5. 本物の木とメラミンを比べた時の本物の木の存在感はすごい!
  6. ダイニングテーブルとチェアを完全に統一したい方はやはりセットで買うのがお勧め!
  7. ブラックはリピートしないと不自然!

 

 

新年早々、緊急事態宣言ですね。
我が家は来週上棟ですが、今のところ工事は予定通り進む予定とのことで、ほっとしています。関わって下さる方が引き続き、健康で元気に作業を続けて頂けますように。